4月27日(土)、「スポパーク松森」(宮城県仙台市)にて大学生によるフットサル大会「アイデムカップin仙台」が開催されました。強風が吹き荒れるコンディションの中でも、力強いプレーを見せてくれた選手たちの活躍の模様をお伝えします。


 

tournament tournament tournament

■ Aブロック


-試合結果-

Aブロック 勝点 得点 失点 得失 順位
1 東北学院大学LIBERO A 1 1 0 3 2 2 0 2
2 東北大学教養部サッカーサークルB 0 2 0 0 2 5 -3 3
3 宮城大学 myu 2 0 0 6 4 1 3 1

-対戦結果-

Aブロック 1 2 3
1 東北学院大学LIBERO A 2 ○ 1 0 ● 1
2 東北大学教養部サッカーサークルB 1 ● 2 1 ● 3
3 宮城大学 myu 1 ○ 0 3 ○ 1


■ Bブロック


-試合結果-

Bブロック 勝点 得点 失点 得失 順位
1 東北学院大学LIBERO B 1 0 1 4 5 2 3 1
2 東北大学教養部サッカーサークルA 0 1 1 1 1 4 -3 4
3 東北学院大学LIBERO C 0 1 1 1 1 3 -2 3
4 東北大学 AC SCHWARZ 1 0 1 4 4 2 2 2

-対戦結果-

Bブロック 1 2 3 4
1 東北学院大学LIBERO B 2 △ 2 3 ○ 0 3 ○ 0
2 東北大学教養部サッカーサークルA 0 ● 3 1 ● 3 1 ● 3
3 東北学院大学LIBERO C 1 ○ 0 3 ○ 1
4 東北大学 AC SCHWARZ 1 ○ 0 3 ○ 1


■ Cブロック


-試合結果-

Cブロック 勝点 得点 失点 得失 順位
1 東北学院大学LIBERO B 1 0 1 4 5 2 3 1
2 東北大学教養部サッカーサークルA 0 1 1 1 1 4 -3 4
3 東北学院大学LIBERO C 0 1 1 1 1 3 -2 3
4 東北大学 AC SCHWARZ 1 0 1 4 4 2 2 2

-対戦結果-

Cブロック 1 2 3 4
1 東北学院大学LIBERO B 2 △ 2 3 ○ 0 3 ○ 0
2 東北大学教養部サッカーサークルA 0 ● 3 1 ● 3 1 ● 3
3 東北学院大学LIBERO C 1 ○ 0 3 ○ 1
4 東北大学 AC SCHWARZ 1 ○ 0 3 ○ 1

条件が悪いときほど、
仲間の大切さがよく分かる。

-強風に横断幕が踊る中、最初のゴールが決まる。

2月につづき、今年2度目となる「アイデムカップin仙台」。前回大会では大雪に悩まされたが、今回は強風が吹き荒れる中での開催となった。
「スポパーク松森」は、屋根で覆われた全天候型のフットサルコートだ。だが、真横から吹きこんでくる風までは防ぐことはできない。横断幕が大きな音を立てて風に踊り、体感温度は冬場と変わらない。

開会式に臨む選手たちの顔にも不安の色が見える。果たして、こんなコンディションの中でいつもどおり動けるのだろうか? 頭の片隅をよぎる疑問。だが、それは杞憂に過ぎなかった。試合開始のホイッスルが吹かれた直後、最初のゴールがネットを揺らしたからである。思いがけない展開に、どよめきにも似た歓声がピッチを包む。これからはじまる熱戦の数々を人々に予感させる、劇的な幕開けだった。

p01

大会PhotoGallaery

-ブラインドサッカーをとおして、仲間の大切さを実感。

予選リーグと順位別トーナメントの間には、ブラインドサッカー体験会が実施された。選手は目隠しをし、転がることで音が鳴るボールを使ってプレーをするブラインドサッカー。視覚が奪われた状態で頼りになるのは、指示を出す仲間たちの声だ。だが、あいにくの天候のため、声が選手まで届かない事態が続出。プレーにおいて、仲間の存在がいかに大きなものであるのかを再認識させられる結果となった。

スペシャルゲストとして参加した元ベガルタ仙台の千葉選手は、今大会をふりかえっていう。「普段からチームのメンバーとしっかりとコミュニケーションをとっていないと難しい環境でしたね。改めて思いました。仲間って、いいものだなって」

p03

大会PhotoGallaery

-数々の熱戦を制し、決勝戦へ。

大会の後半は、予選の結果に基づく順位別トーナメント。熱戦を勝ち抜いて決勝に残ったのは、東北大学AC SCHWARZ と 宮城大学myuだ。

強い風が吹くたびにボールは流され、操られるようにピッチを走る。強風は衰える気配を見せないが、選手たちの熱気も負けてはいない。思うようなプレーができない中でも、両チームは必死でボールを追いかけ、互いに一歩もゆずらない。すべての試合を勝ち抜いてきたチームの持つ底力を見せつけられるようだ。

試合は、1対0で東北大学AC SCHWARZの勝利。まさに、決勝戦にふさわしい激闘だった。

p02

大会PhotoGallaery

●優勝チーム インタビュー

「個々が自分の役割を理解してプレーしていたことが勝因だと思います。ただフィールドにいるのではなく、自分の役割として持っている仕事を絶対にやってやろうという気持ちを持つこと、意識してプレーに当たること、自信を持ってやることが大切だと感じられる大会になりました」(東北大学AC SCHWARZ)

p03

大会PhotoGallaery

●参加チーム インタビュー

「初めて対戦するチームにはいろいろなタイプの選手がいるので、緊張感があって面白かった」
「ブラインドサッカーは視覚が制限されるぶん、チームワークが大切だと感じた」
「こうしたフットサルができる大会を行ってもらえることがうれしいです!」

p03

大会PhotoGallaery