7月13日(土)、Dino’s Club(福岡市東区)にて、第2回「アイデムカップ フットサル大会 in 福岡」が開催されました。参加12チームの中には第1回から参加するチームも!学生企画による個人技パフォーマン対決!では場内大盛り上がり。ゲストの秋田豊さんからは熱い気迫をいただき、地元パワー炸裂の1日となりました。


 

7/13(土)福岡大会決勝トーナメント7/13(土)福岡大会5位~8位決定戦7/13(土)福岡大会9位~12位決定戦

■ Aブロック


-試合結果-

Aブロック 勝点 得点 失点 得失 順位
1 九州大学 FC TITANS A 1 0 1 4 3 1 2 1
2 西南学院大学 FC blanc B 1 0 1 4 2 1 1 2
3 九州産業大学 ボンクラーズ 0 2 0 0 0 3 -3 3

-対戦結果-

Aブロック 1 2 3
1 九州大学 FC TITANS A 1 △ 1 2 ○ 0
2 西南学院大学 FC blanc B 1 △ 1 1 ○ 0
3 九州産業大学 ボンクラーズ 0 ● 2 0 ● 1


■ Bブロック


-試合結果-

Bブロック 勝点 得点 失点 得失 順位
1 九州大学 リーベンダール A 0 2 0 0 0 2 -2 3
2 福岡大学 RESSISTENZIALE 1 0 1 4 1 0 1 1
3 西南学院大学 Salsa 1 0 1 4 1 0 1 2

-対戦結果-

Bブロック 1 2 3
1 九州大学 リーベンダール A 0 ● 1 0 ● 1
2 福岡大学 RESSISTENZIALE 1 ○ 1 0 △ 0
3 西南学院大学 Salsa 1 ○ 0 0 △ 0


■ Cブロック


-試合結果-

Cブロック 勝点 得点 失点 得失 順位
1 九州大学 FC TITANS B 0 1 1 1 2 3 -1 3
2 西南学院大学 FC大坪 1 0 1 4 3 2 1 1
3 九州大学 FC Ballast 0 0 2 2 2 2 0 2

-対戦結果-

Cブロック 1 2 3
1 九州大学 FC TITANS B 1 ● 2 1 △ 1
2 西南学院大学 FC大坪 2 ○ 1 1 △ 1
3 九州大学 FC Ballast 1 △ 1 1 △ 1


■ Dブロック


-試合結果-

Dブロック 勝点 得点 失点 得失 順位
1 九州大学 リーベンタール B 0 2 0 0 2 8 -6 3
2 西南学院大学 FC blanc A 2 0 0 6 4 1 3 1
3 九州大学 リーベンタール C 1 1 0 3 5 2 3 2

-対戦結果-

Dブロック 1 2 3
1 九州大学 リーベンタール B 1 ● 3 0 ● 5
2 西南学院大学 FC blanc A 3 ○ 1 1 ○ 0
3 九州大学 リーベンタール C 5 ○ 1 6 ● 1

気迫で猛暑を一蹴!再び訪れた
決戦の地で新しいドラマが展開。

―強豪チームが真正面からぶつかり合う!

初回の福岡大会から2ヵ月の時を経て、2回目の開催となった「アイデムカップ フットサル大会 in 福岡」。今回の大会は夏の厳しい陽ざしを遮るインドアコートが会場だ。
午前9時半に受付を開始すると参加学生たちが次々にエントリー。その中には初回大会で活躍した面々の姿もあった。
参加者は全12チーム92名。3チーム4ブロックによる総当たりの予選リーグでは、初戦から熱戦が繰り広げられた。チーム一丸となって相手ゴールを目指す学生たちの気迫が会場を包み込む。ボルテージが上がりっぱなしの激戦に、声援を送る声もひときわ高く響きわたった。
回を増すごとにレベルアップしているという確かな手ごたえが感じられた。

7月13日福岡01

大会PhotoGallaery

―難しい~!? でも、笑顔いっぱいブラサカ体験。

ゲストの元サッカー日本代表の秋田豊さんが参加してのブラサカ体験では、試合とは一変してほのぼのムードが漂った。
チームごとに分かれ、アイマスクをした学生たちに手渡されたのは、輪になった長い紐。チーム全員で1つの紐を摑み、声を出し合いながら、三角形や四角形のカタチを作っていく。「目が見えない不安感の中では、コミュニケーションの大切さが分かりますね。頭の中で描いたイメージを、言葉にして伝える良いトレーニングになると思います」と秋田さん。学生たちも声を掛け合うことの重要性をそれぞれに学んでいた。

7月13日福岡02

大会PhotoGallaery

―「個人技パフォーマンス対決」で、ショウブ!

学生企画イベントでは「個人技パフォーマンス対決」を開催。各チームから代表1名を選出し、4人編成の3グループに分かれて、自慢のパフォーマンスを競った。
MCの青木りなさんによる盛り上げ上手なトークで、学生たちもノリノリで華麗なパフォーマンスを披露。審査員の秋田豊さんが、各グループから最も会場を湧かせた選手を1名ずつ選出した。さらに、勝者3名による決勝戦を行い、三者三様のパフォーマンスが光るなか、ボールを使わず、リフティングをしているかのような、ユニークなパフォーマンスで会場をエキサイトさせた学生が優勝!秋田豊さんから優勝賞品としてサイン入りTシャツが手渡された。

7月13日福岡03

大会PhotoGallaery

―悔しさをバネに咲かせた決勝ゴール。

トーナメント戦では助っ人として参加した秋田豊さんが大活躍。名アシスト&ムードメーカーとしてチームを引っ張るだけでなく、豪快なゴールも決め、会場から大歓声があがる一幕も。
また、青木りなさんの声援を受け大ハッスルした学生たちは、最後まであきらめないプレーで粘りのある試合を展開。そんな激戦の末、決勝戦に勝ち進んだのは、今回2度目の参加となる西南学院大学 FC大坪と、初参加の福岡大学RESSISTENZIALE。接戦が続くなか均衡を破り、決定打を放ったのは、チーム1番のシュート率を誇り、今大会でもチームの全得点を決めた名キッカー。この1点を守り抜き西南学院大学 FC大坪が1-0で初優勝。初回大会で4位に終わった悔しさをバネに、見事なリベンジを果たした。

7月13日福岡04

大会PhotoGallaery

●優勝チーム インタビュー

初回大会に参加したときは、トーナメント戦4位でした。参加2度目となる今大会では優勝の栄冠を勝ち取り、リベンジできました!とてもとてもうれしいです!
少数精鋭のチームだから体力的にはきつかったです。勝因は全得点を決めた無津呂選手の活躍です。それと女子マネージャーと、学生企画でMCを務めてくれた青木りなさんの声援のおかげです(笑)。(西南学院大学 FC大坪 船越仁キャプテン)

7月13日福岡05

大会PhotoGallaery

●準優勝チーム インタビュー

チームメイト10人で優勝したかったのですごく悔しいです!でも、とても楽しかったです。ここまでこられたのは仲の良いメンバーと、それぞれが出す気合いのおかげ。
こうした大会を通してFリーグで活躍するような選手が輩出されたらいうことナシです。次回参加する皆さん、俺たちを倒しに来てください!準優勝ですけどね(笑)。(福岡大学 RESSISTENZIALE 高瀬佑介キャプテン)

7月13福岡06

大会PhotoGallaery