10月6日(日)、ペナスタ博多(福岡市博多区)にて、第4回「アイデムカップ フットサル大会 in 福岡」が開催されました。今回の参加は16チーム。前々回の大会で優勝したチームをはじめ2度目の参加となるのは過去最多の8チーム。また、学生企画では選抜された5人の女子マネージャーが大活躍。華やかで、かつ地元愛あふれる大会の様子をお届けします。


 

10/06(日)福岡大会トーナメント10/06(日)福岡大会トーナメント

■ Aブロック


-試合結果-

就業

Aブロック 勝点 得点 失点 得失 順位
1 西南学院大学 ユートピアFC 0 2 1 1 3 6 -3 4
2 九州産業大学 横山軍団ボンクラーズ 1 2 0 3 3 6 -3 3
3 九州大学 FC TITANS 3 0 0 9 8 2 6 1
4 福岡美容専門学校 CRAZY’s 1 1 1 4 4 4 0 2

-対戦結果-

Aブロック 1 2 3 4
1 西南学院大学 ユートピアFC 1 ● 2 1 ● 3 1 △ 1
2 九州産業大学 横山軍団ボンクラーズ 2 ○ 1 0 ● 3 1 ● 2
3 九州大学 FC TITANS 3 ○ 1 3 ○ 0 2 ○ 1
4 福岡美容専門学校 CRAZY’s 1 △ 1 2 ○ 1 1 ● 2


■ Bブロック


-試合結果-

Bブロック 勝点 得点 失点 得失 順位
1 九州大学 F.C.DIEGO 3 0 0 9 4 0 4 1
2 西南学院大学 Salsa 0 1 2 2 0 1 -1 3
3 公務員ビジネス専門学校 唐川フットボールクラブ 0 2 1 1 0 3 -3 4
4 西九州大学 1 1 1 4 1 1 0 2

-対戦結果-

Bブロック 1 2 3 4
1 九州大学 F.C.DIEGO 1 ○ 0 2 ○ 0 1 ○ 0
2 西南学院大学 Salsa 0 ● 1 0 △ 0 0 △ 0
3 公務員ビジネス専門学校 唐川フットボールクラブ 0 ● 2 0 △ 0 0 ● 1
4 西九州大学 0 ● 1 0 △ 0 1 ○ 0


■ Cブロック


-試合結果-

Cブロック 勝点 得点 失点 得失 順位
1 福岡教育大学 しゃむらい 2 0 1 7 4 0 4 1
2 ゴリラ大野城 0 3 0 0 0 8 -8 4
3 西南学院大学 MFC 2 1 0 6 5 2 3 2
4 F.C. SOLEIL 1 1 1 4 3 2 1 3

-対戦結果-

Cブロック 1 2 3 4
1 福岡教育大学 しゃむらい 3 ○ 0 1 ○ 0 0 △ 0
2 ゴリラ大野城 0 ● 3 0 ● 3 0 ● 2
3 西南学院大学 MFC 0 ● 1 3 ○ 0 3 ○ 1
4 F.C. SOLEIL 0 △ 0 2 ○ 0 1 ● 2


■ Dブロック


-試合結果-

Dブロック 勝点 得点 失点 得失 順位
1 福岡医健専門学校 宮崎会 0 2 1 1 1 4 -3 3
2 福岡大学 RESISTENZIALE 3 0 0 9 5 0 5 1
3 保健医療経営大学 IFC 0 2 1 1 1 4 -3 4
4 西南学院大学 FC大坪 2 1 0 6 2 1 1 2

-対戦結果-

Dブロック 1 2 3 4
1 福岡医健専門学校 宮崎会 0 ● 2 1 △ 1 0 ● 1
2 福岡大学 RESISTENZIALE 2 ○ 0 2 ○ 0 1 ○ 0
3 保健医療経営大学 IFC 1 △ 1 0 ● 2 0 ● 1
4 西南学院大学 FC大坪 1 ○ 0 0 ● 1 1 ○ 0

ピッチを駆ける風となり、
地元愛で盛り上がった熱い一日。

―みんなのファインプレーで会場が熱くなる。

まだまだ夏日が続く10月6日(日)、会場となった「ペナスタ福岡」は30℃を越える猛暑に見舞われた。しかし、それよりも熱いのがフットサルに寄せる学生たちの思い。参加総数は16チーム、総勢136名。参加2度目となるチームが半数を占め、ノリもよければ、地元愛も強く、アイデムカップへの愛着もいっぱい!選手もサポーターもひとつになり、今年最後となる第4回福岡大会を盛り上げてくれた。
まずは強豪チームがしのぎを削る予選リーグ。互いに一歩も譲らない一進一退の気迫がこもった試合を展開。激しくボールを奪い合う勇姿には、回を増すごとに実力をつけてきた選手たちの成長も感じられる。そして、頑張っているのは選手だけではない。女子マネージャーをはじめサポーターたちも、ひときわ大きな声援を送り、熱い一日を盛り上げた。

10月06日福岡01

大会PhotoGallaery

―ゲストの牧野真二さんとブラサカ体験。

ハーフタイムイベントでは、ビーチサッカー日本代表の牧野真二さんと一緒にブラインドサッカーを体験。アイマスクを手にした学生たちはやや不安そうな表情だが、牧野さんが持ち前のポジティブマインドで笑いを誘い、和気あいあいとしたムードを創ってくれた。
「声のガイド」を頼りに、鈴の入ったボールを使ってドリブル、ディフェンスなどを行う学生たち。ガイド以外の声に惑わされ暴走!?する学生もいて、たびたび笑いの渦が起こる。「声に出してコミュニケーションをとることの大切さと、指示を聞き分ける集中力を保つことの難しさを感じました。予想外の難しさでしたね(笑)」と牧野さん。学生からは「目に見えない怖さはあるが、ブラインドサッカーの試合をしてみたい」という声も上がった。

10月06日福岡02

大会PhotoGallaery

―みんなを女子マネージャーが応援!シークレット企画も!

何よりも選手の士気を奮い立たせたのは、「女子マネージャーがみんなを応援」する学生企画だ。
選抜されたマネージャーは、いーちゃん、はーちゃん、めたび、まりこ、ゆかちの地元女子大学生5人。笑顔のドリンクサービスで試合を終えた選手たちの労をねぎらい、会場を所せましと動き回る。が、彼女たちはただドリンクサービスを行っていたわけではない。その裏ではシークレット企画が進行していた!? 
実は、学生アスリートの中から、ユニフォームの着こなしや好感度など、最もセンスが光る男子を探していたのだ。そして、大会最後にベストドレッサー賞として発表。目を閉じて発表を待つ男子学生。誰もが「俺?」と思うなか、女子マネージャーに肩を叩かれ選ばれたのは、ユニフォームをオシャレに着こなす爽やか男子2名。テレながら受賞の喜びを述べてくれた。

10月06日福岡03

大会PhotoGallaery

―勝つのはチャンピオンか?チャレンジャーか?

順位別トーナメントで決勝戦に勝ち進んだのは、前々回の優勝チーム、西南学院大学FC大坪と、今回が初参加となる西九州大学。試合開始直後から両チームともにファインプレーが飛び出し会場を湧かせた。
実力が伯仲する試合の均衡を破ったのは西南学院大学FC大坪。ボールがゴールネットを揺らした瞬間、女子マネージャーたちの黄色い声援が響く。1点を奪われ負けるものかと西九州大学も果敢に攻める。チャンスをつくるたびに女子マネージャーたちの声援が大きくなる。しかし、そのチャンスを活かせぬまま試合は後半戦に突入。一瞬の隙をついてゴールを決めたのは西南学院大学FC大坪。チャンピオンの意地を見せ2度目の優勝を手に入れた。

10月06日福岡04

大会PhotoGallaery

●優勝チーム インタビュー

前々回の大会で優勝していたので、絶対負けられないと思い決勝戦に臨みました。頑張れたのは学生企画の女子マネージャーの応援があったから!もちろん自分のチームの女子マネージャーのサポートも励みになりました! 2014年のチャンピオンとも対戦したいですね。社会人になっても参加したいです(笑)(西南学院大学FC大坪 大原和馬キャプテン)

10月06日福岡05

大会PhotoGallaery

●準優勝チーム インタビュー

とにかく暑かったけどメッチャ楽しかったです!ここまで勝ち残れたのは、週2回練習をして努力してきたことが実を結び、自分たちのプレーができたからだと思います。でも、正直いって優勝したかったーッ!フットサルは心をつなぎ、手をつなぎます。俺はフットサルが大好きだー!(西九州大学 徳永拓馬キャプテン)

10月06日福岡06

大会PhotoGallaery