気持ちのいい冬空の下で開催された、第3回大会。3つの女子チームを含む15チーム計120名が参加しました。恒例のブラインドサッカー体験に加え、急きょ(!)女子選手限定で行われたサッカー・クリニックなどを楽しみ、前回大会にも負けない和やかな雰囲気の中で幕を閉じました。


 

12/7(土)岡山トーナメント112/7(土)岡山トーナメント212/7(土)岡山トーナメント312/7(土)岡山トーナメント4

■ Aブロック


-試合結果-

就業

Aブロック 勝点 得点 失点 得失 順位
1 岡山大学 にゅたるく 2 0 0 6 4 2 2 1
2 岡山理科大学 ひよこFC B 0 2 0 0 2 4 -2 3
3 岡山大学 SFC 1 1 0 3 3 3 0 2

-対戦結果-

Aブロック 1 2 3
1 岡山大学 にゅたるく 2 ○ 1 2 ○ 1
2 岡山理科大学 ひよこFC B 1 ● 2 1 ● 2
3 岡山大学 SFC 1 ● 2 2 ○ 1


■ Bブロック


-試合結果-

Bブロック 勝点 得点 失点 得失 順位
1 岡山大学 STARK A 2 0 0 6 3 0 3 1
2 岡山大学 Gorilland 1 1 0 3 1 2 -1 2
3 倉敷芸術科学大学 Joto 0 2 0 0 0 2 -2 3

-対戦結果-

Bブロック 1 2 3
1 岡山大学 STARK A 2 ○ 0 1 ○ 0
2 岡山大学 Gorilland 0 ● 2 1 ○ 0
3 倉敷芸術科学大学 Joto 0 ● 1 0 ● 1


■ Cブロック


-試合結果-

Cブロック 勝点 得点 失点 得失 順位
1 岡山大学 STARK B 1 1 0 3 2 2 0 2
2 大阪大学 MAKIHALALA 2 0 0 6 6 1 5 1
3 岡山理科大学 ひよこFC A 0 2 0 0 1 6 -5 3

-対戦結果-

Cブロック 1 2 3
1 岡山大学 STARK B 0 ● 2 2 ○ 0
2 大阪大学 MAKIHALALA 2 ○ 0 4 ○ 1
3 岡山理科大学 ひよこFC A 0 ● 2 1 ● 4


■ Dブロック


-試合結果-

Dブロック 勝点 得点 失点 得失 順位
1 川崎医療福祉大 同前FC 1 1 0 3 3 3 0 2
2 岡山商科大学 flavor 1 0 1 4 3 1 2 1
3 岡山大学 フェニックス 0 1 1 1 2 4 -2 3

-対戦結果-

Dブロック 1 2 3
1 川崎医療福祉大 同前FC 0 ● 2 3 ○ 1
2 岡山商科大学 flavor 2 ○ 0 1 △ 1
3 岡山大学 フェニックス 1 ● 3 1 △ 1

岡山大会ならではのアットホームな雰囲気の中、
選手とサポーター、チームの垣根を越えた思いが1つに。

―和やかムードの中で、思いっきりフットサルを楽しむ。

前回大会を上回る120名もの参加者が集まった、第3回「アイデムカップ フットサル大会 in 岡山」。今回もフットサルと地元をこよなく愛する大学生たちが、冬の訪れを感じさせる冷たい空気の中、熱戦を繰り広げた。
男子12チームの中には、初参加のチーム、前回のリベンジを誓うチーム、大阪から駆け付けたチームなどの姿が。また、岡山大会の目玉となるのが、選手たちの熱いラブコールに応えて前回からスタートさせた女子リーグ戦の存在。他大会とはひと味違う和やかな雰囲気に包まれた会場で、選手たちはボールを追う楽しさをとことん味わい、爽やかに走り回った。

10月16日大阪01

大会PhotoGallaery

―冬の寒さを吹き飛ばすナデシコたちの華麗なプレー!

アイデムカップの女子リーグ戦が始まった岡山で、華々しく迎えた2回目の今大会には、前回、栄えある女子リーグ最初の栄冠を勝ち取った岡山大学UP START、惜しくも準優勝だった同大学SFCの2チームに加え、同大学のGorillandが初参戦。予定より1チーム少ない3チームでスタートした。
試合は2回の総当たり戦を行い、勝利数と得失点差で優勝チームを決定する。女子選手たちの華麗なプレーに、和気あいあいムードの会場だったが、時折見せるナデシコたちの真剣な表情に、ピッチの外からも大きな声援が飛んだ。チャンスを逃さず得点に結びつけたSFCが、UP STARTを勝ち点で上回り、見事、前回の雪辱を果たして優勝。決戦後は、3チームの選手が入り混じり、一層和やかなムードの中で一緒にプレーを楽しんだ。

10月16日大阪02

大会PhotoGallaery

―ゲストの大島翼さんとブラサカ体験&急きょ開催されたサッカー・クリニック。

地元岡山のファジアーノ岡山などで活躍した大島翼さんをゲストに迎え、予選リーグ戦の後は全員でブラインドサッカーを体験した。
初参加の学生たちは、アイマスクをして視覚を遮断された状態でのドリブル、シュートに、その難しさを体感。以前に体験したことがある学生たちは、プログラムが始まる前から会場の外で練習するなど、積極的に参加する姿が見られた。
「想像以上にボールがどこにあるわからず、動くのが怖かった。コミュニケーションがすごく大事だと感じた」と大島さん。パイロンに向けてシュートを放ち、当たったら距離を伸ばしていくというチャレンジでは、参加者同士で声や手を叩いて誘導し、耳を頼りにコミュニケーションをとる大切さを学んだ。
また、プログラムの空き時間には、試合を終えた女子選手たちに向け、急きょサッカー・クリニックが開催され、選手たちはチームの枠を越えてプロの技に親しんだ。大島さんは、「みんなが積極的に参加してくれて僕も楽しくできた。今日の体験を通じて感じたことを色々なシーンで応用して活躍していってほしい」とエールを送った。

10月16日大阪03

大会PhotoGallaery

―地元チームVS大阪のチーム、白熱の決勝戦!

決勝カードは、前大会9位の地元チーム岡山大学にゅたるくと、大阪から初参戦した大阪大学マキハララの対戦。
前半、にゅたるくが、試合を終えた地元チームの大声援に押され、先制点を決める。マキハララもアウェーにも関わらず闘志を前面に押し出して大奮闘。3人の女子マネージャーの懸命な応援に応え、1点リードされて迎えた後半開始早々、同点ゴールを決める。その後も互いに譲らず、同点のまま延長戦へ。激しい攻防が続いたが、にゅたるくの豪快なシュートが試合を決め、ベンチもピッチの外も大盛り上がり。2-1の接戦を制し、にゅたるくが優勝した。試合終了後は、お互いの健闘をたたえ合い、和やかな雰囲気の中で大会が終了した。

10月16日大阪04

大会PhotoGallaery

●男子優勝チーム インタビュー

みんなで団結して勝てました!準決勝のPKで、キーパーが1本目から止めてくれたので勢いに乗れましたね。あと、予選リーグを戦ったSFCさんが決勝で応援してくれたのが心強かったです。フットサルを通して、自分にとって宝物であるたくさんの仲間・友達ができたことを、この大会で実感しました!(岡山大学 にゅたるく 岩見誠キャプテン)

10月16日大阪05

大会PhotoGallaery

●男子準優勝チーム インタビュー

はるばる大阪から遠征してきたので優勝したかったですが、その大阪大会での雪辱を晴らしたいという気持ちが、準優勝という結果につながりました。岡山の人たちは温かいですね。ピッチの外での礼儀もしっかりしていて、大阪大会にはない雰囲気でした。次の大阪大会も温かく良い大会にしたいと思います!(大阪大学 マキハララ 佐藤嘉亮キャプテン)

10月16日大阪06

大会PhotoGallaery

●女子優勝チーム インタビュー

経験者が少ないチームですが、強いチーム相手に勝てて、さらに優勝までできて嬉しいです!チームワークと『勝ちたいんや!』という気持ちが勝因です。サッカー・クリニックも、他のチームと仲良くなれたし勉強になったし、とっても楽しかったです♪初心者ばかりのチームでも優勝を狙えるので、皆さんぜひやってみてください!(岡山大学 SFC 小島愛未キャプテン)

10月16日大阪07

大会PhotoGallaery